やんぼ暮らし

やんぼ、と申します。読者登録、お願いします (^_-)-☆

俳優だった。。。(2)俳優のギャラ事情

f:id:yambogurashi:20220211231718p:plain

 

プロの俳優になったわけですが、何をもってプロと言えるでしょうか?

1,まずは俳優という仕事で所得を得て、生活を続けられること。

2,プロとしての技術があり、日々トレーニングと勉強を欠かさないこと。

この2つだと思います。

まあ、どの仕事でも同じだとは思います。

 

 

ぼくがプロとして俳優をしていたときのギャラについてですが、1公演8,000円でした。1日に2公演の時もあったのでその時は16,000円。地方巡演となると宿代食事代は劇団が出してくれるのでお金はほぼ使う必要はありませんでした。

 

 

ただ、繁忙期と閑散期があり、春と秋は演劇鑑賞が多くの学校であったので繁忙期、逆にそれ以外は閑散期でした。1年を通してみると閑散期のほうが多いわけです。

 

 

なので、閑散期にはアルバイトをしなくてはなりませんでした。でも繁忙期が来るとアルバイトができなくなるので辞めなければなりません。アルバイトはたくさん転々としました。喫茶店、キャバレー、クラブ、ガードマン、ビル清掃、スーパーマーケット、コンビニなどなど。喫茶店やキャバレー、クラブでは賄いが出たので食費を節約することができました。でも夜の仕事なので昼間は眠くて眠くて、稽古中に居眠りしてしまうことがありました。まあ、プロ失格ですね。ガードマンは夏の炎天下にヘルメットをかぶっていたのでワンシーズンでおでこがハゲました(T_T)

 

 

今のようにウーバーイーツで働けばかなり自由に時間が作れたかな?とも思います。

 

 

舞台の配役に入っていない俳優は、映像つまりテレビや映画、企業のプレゼン映像に出演する機会が増えます。舞台で拘束されていないので。当時は劇団員が80人くらいいたのですがマネージャーさんはたったの3人。映像の仕事が回って来るにはマネージャーに媚を売らねばなりません。ぼくは不器用なのでマネージャーから嫌われてました。

 

 

それでも、パナソニックのPR映像と大阪清掃局のPR映像の仕事がもらえました。あとは関西では有名だった「部長刑事」のチンピラ役やドッキリの仕掛け人。一般人にドッキリを仕掛ける番組がありますが、ほぼヤラセです!「モ○タ○ング」もほぼヤラセです。何回もリハーサルしてます。そもそも素人をテレビに出すのはコンプライアンス的にリスクが高いのです。テレビは100%台本があります。そのあたりの事情を知らずに子どもが信じ込んでしまうのもどうかな?とは思います。

 

 

映像のお仕事ってめちゃくちゃおいしいんです(エキストラは除く)!拘束時間は短いのにギャラは高い。当時は1本7万から10万、劇団から3割ピンハネされましたがそれでもコスパ最強でした。CMとなると50万くらいです。

 

 

でも所詮は大阪ローカル、大きな役は東京から来る俳優さんと吉本・松竹の芸人さんで占められていました。

 

 

ちなみに俳優の映像ギャラは、東京は大阪の10倍が目安です。でも、俳優になりたい人は東京一極集中です(エキストラは除く)。

 

 

ということで、舞台で役がもらえると安くて時期による波はあるけれど収入はあります。場数を踏むので演技も上手くなります。

 

 

舞台の役がもらえず映像の仕事がもらえたとしても単発で臨時収入ぽい、というお話でした。

 

 

CMが最強かな〜、インパクトが強いとずっと使わってもらえます。「勉強しまっせ、引っ越しのサカイ♪」の人とか。

 

 

yambogurashi.hatenablog.com

 

にほんブログ村 ブログブログへ